プラセンタ注射,にんにく注射,ビタミンC注射,アミノインデックス|福岡市天神、博多、内視鏡・プラセンタ注射なら「渡辺通り田上内科クリニック」

渡辺通り田上内科クリニック

受診予約・お問い合わせはこちら
TEL:092-751-7680 メールでのお問い合わせはこちら

診療時間 9:00~14:00/15:00~19:00 ※土曜日の午前診療は13時迄

休診日 日曜日/祝祭日/お盆/年末年始

自由診療

プラセンタ注射

にんにく注射

アミノインデックス

自由診療について

image

自由診療とは、症状はないけれども体のことが気になるので検査で調べたい時などに、検査・治療の金額を自己負担することを言います。
医療保険は使えませんが、一人一人の要求に応じた満足のゆく検査を実施する事ができます。

当院の自由診療は、
①健康診断、人間ドック
②プラセンタ、にんにく、ビタミンC注射
の2つを実施しています。
尚、①に関しては、自分で自由にやりたい検査を選択することもできます。

プラセンタ注射

image

薬理作用

内分泌ホルモン調整作用・乳汁分泌作用・自律神経調節作用

免疫賦活作用・血行促進作用・抗疲労作用・抗アレルギー作用

抗炎症作用・強肝作用・基礎代謝向上作用・抗貧血作用

体質改善作用・自然治癒力増大作用・癌化抑制作用

活性酸素除去作用

効能・効果

  • ①更年期障害の緩和
    顔・上半身のほてり・汗をかきやすい・イライラする・怒りやすい・息切れ・動悸・疲れやすい
  • ②アレルギーの改善
    気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎の改善
  • ③関節リウマチの症状を軽減
    抗疲労作用・鎮痛作用
  • ④肝炎・肝硬変などの肝障害の改善
  • ⑤うつ病・自律神経失調症・不眠症の改善
  • ⑥腹痛・ひざ痛・肩こりの改善
  • ⑦美肌・美白に効果有り・肌荒れ・しみ・そばかす・しわ・たるみ・にきびの改善
  • ⑧冷え性の改善

プラセンタ(メルスモン)注射剤についてのご説明

image

プラセンタ注射剤は、昭和31年(1956年)に承認された医療用医薬品です。

国内の、安全なヒト胎盤を原料とした注射剤で、多種のアミノ酸を含有しています。発売以来、重大な副作用はありません。安全にご使用いただけます。

プラセンタ注射についてはこちら

にんにく注射・ビタミンC注射のご説明

image

にんにく注射と聞くと、本当ににんにくの成分が入っているのかと思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、主成分はビタミンBであり、注射するとにんにくのような匂いがすることから名付けられました。

ビタミンB1不足を起こすと、全身の倦怠感・食欲不振・皮フ症状などの様々な障害が表れやすくなります。

スポーツ選手や、ハードワーカーに利用者が多いにんにく注射は、体力増強・疲労・倦怠感の回復に、かなり即効性のある治療法です。食事やサプリメントでは、長期に内服しないと疲労感・倦怠感は改善しませんが、注射することで、即効性の症状改善を実感できます。当院では、にんにく注射(アリナミンF)と、ビタミンC(アスコルビン酸)を調合して、施行することもできます。その際は、約20分位で、点滴注射いたします。にんにく注射は、すべて水溶性のビタミンで構成されているため、副作用はほとんどありませんが、まれに注射部の発赤や、アレルギーによるかゆみ等が起こる事があります。

自費診療注射料金

プラセンタ注射 1アンプル 1,400円 筋肉~皮下注射
週に1~2回
2アンプル 2,800円
にんにく注射 1アンプル 1,400円 静脈注射
(生食20ml+アリナミンF 1A)
週に1~2回
2アンプル 2,800円 点滴注射
(生食100ml+アリナミンF 2A)
ビタミンC 1アンプル 1,400円 静脈注射
(生食20ml+アスコルピン 1A)
週に1~2回
2アンプル 2,800円 点滴注射
(生食100ml+アスコルピン 2A)
にんにく+ビタミンC 1アンプルずつの
2アンプル
2,800円 点滴注射
(生食100ml+アリナミンF A1+アスコルピン 1A)
プラセンタ注射
1アンプル 1,400円
※筋肉~皮下注射
※週に1~2回
2アンプル 2,900円
※筋肉~皮下注射
※週に1~2回
にんにく注射
1アンプル 1,400円
※静脈注射(生食20ml+アリナミンF 1A)
※週に1~2回
2アンプル 2,800円
※点滴注射(生食100ml+アリナミンF 2A)
※週に1~2回
ビタミンC
1アンプル 1,400円
※静脈注射(生食20ml+アスコルピン 1A)
※週に1~2回
2アンプル 2,800円
※点滴注射(生食100ml+アスコルピン 2A)
※週に1~2回
にんにく+ビタミンC
1アンプルずつの2アンプル 2,800円
※点滴注射(生食100ml+アリナミンF A1+アスコルピン 1A)

アミノインデックスについて

image

アミノインデックスとは

アミノインデックスとは、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。

健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスクを評価することができます。

アミノインデックスの特徴

  • 血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。
  • 一度の採血で複数(男性5種、女性6種)のがんを同時に検査できます。
  • 早期がんにも対応した検査です。
  • 採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

検査の対象者について

アミノインデックスは、下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。
これらの方以外のアミノインデックス値は評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん、卵巣がん 20歳~80歳

※上記の対象年齢以外の方が受診された場合でも検査結果は報告されますが、AICS値やランク判定結果は評価対象外となります。

※一部のがん種についてのみが対象年齢外になる場合、そのがん種は評価対象外となりますので、ご理解いただいた上でご受診ください。

なお、以下に該当する方は、アミノインデックス値に影響がありますので検査は受けられません。

妊娠されている方

授乳中の方

がん患者(治療中を含む)の方

先天性代謝異常の方

透析患者の方

アミノインデックス受診前の注意点

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、受診前に下記注意事項をお守り下さい。

検査前の飲食について

検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採決してください。なお、検査前日の夕食も肉、魚などの高タンパク質の食事は摂りすぎないようにして下さい。

検査前の運動について

正しい検査結果を得るために、できるだけ検査当日朝の運動はお控えください。

検査前のお薬の服用について

薬剤のアミノインデックス値への影響に関しては分かっておりません。
検査当日のお薬の服用方法については、事前に主治医または健診施設にご相談の上、その指示に従ってください。