熱中症に要注意|福岡市天神、博多、内視鏡・プラセンタ注射なら「渡辺通り田上内科クリニック」

渡辺通り田上内科クリニック

受診予約・お問い合わせはこちら
TEL:092-751-7680 メールでのお問い合わせはこちら

診療時間 9:00~14:00/15:00~19:00 ※土曜日の午前診療は13時迄

休診日 日曜日/祝祭日/お盆/年末年始

お知らせ

熱中症に要注意

お知らせ2018.07.23

毎日ものすごい記録的な猛暑が続いています。今日までに当院にすでに10人以上の熱中症患者が運び込まれています。

初発症状は頭痛、吐き気、気分不良、全身倦怠感、脱力、手足のしびれなどさまざまな症状の患者様が来ています。

しかし何よりも一番注意しなければならない症状は意識障害です。これが有るか、無いかで生命の予後が大きく変わってきます。もし意識障害があれば急速に全身状態が悪化していきますので、直ちに救急車を呼んでください。

最新の統計によると、なんと毎年4万人以上もの人が熱中症で救急搬送されているそうです。
いつ自分が熱中症になるか全く予測がつかないし、今年は今までにない記録的な猛暑が続いているので十分な注意が必要です。

実は私も過去に2回ほど熱中症になったことがあります。
まさか自分が熱中症になるなんて夢にも思っていませんでしたが、簡単に、しかも気付かないうちに熱中症になっていました。

 

 

熱中症はその重症度よりⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類されます。

・Ⅰ度(軽症) 
 四肢、体感の筋肉に痛みを伴う痙攣、筋強直が起こる。
 体温は38度以下。

・Ⅱ度(中等症)
 Ⅰ度の症状に加えて頭痛、吐気、血圧低下が起こる。
 何も処置をしなければ容易にⅢ度に移行する。
 体温は39℃以下。

・Ⅲ度(重症)
 意識障害、せん妄、過呼吸、汗をかかない、ショックなどの重篤な症状が起こる。致死率が高いため救急搬送、ICU管理が必要。
 体温は40℃以上。

 

①いずれも塩分の入っていない水分(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶など)を飲んでいた。
②ここ最近、寝不足、疲れがたまっていた、アルコールを飲みすぎていた。
③高温の環境下で数時間の運動、作業、労働をした。
④過去に熱中症になったことがある。
などの条件が重なり合って熱中症は起こりやすくなります。

発症状況から熱中症を疑った場合は服を脱がせ、日陰で風通しの良い場所に移動させて、氷を両腋下、鼡径部、頸動脈部に充てて、うちわなどで送風するようにしてください。

とにかく致死率の高い重篤な病気であり、Ⅰ度からすぐにⅡ度→Ⅲ度へと容易に進行するのですぐに救急搬送したほうが安全です。

みなさん、上記のことに気を付けて何とかこの猛暑を乗り切ってください。